「リア王」を読んでみる

「リア王」 をみんなで読んでみましょう。

古くて新しい、これからも確実に残っていくのが古典です。全ての人に開かれているのが古典ですが残念ながら一生の内一度もその機会に触れない方がいるのも現実です。

戯曲の構造、物語の展開、原点にして最高傑作が古典といわれる戯曲です。

そうは言っても一人で読むのはなかなか根気がいるものです。

そこで今回みんなで読んでみる場を設けてみます。

参加資格は特に御座いません。

読みましょう。そして語りましょう。

参加資格:どなたでも

持ち物 :「リア王」小田島雄志訳

日時: 11月13日 19:00-20:30

参加費:1000円

場所 博多マルイ2階 丸の内カフェ
https://goo.gl/maps/kLSsXn5DrQADDBCJ8

応募先: 下記の御連絡先に御一報下さい
https://actingschool.site/contact

主催団体: 演技の学校
https://actingschool.site/



Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。